バイクを買おう「バイクの車種を選ぶ」

バイクを買う動機

ちょっと、ツーリングに行ったら
バイクの面白さに20年ぶりに触れて
バイクを買おうと決めました。

とはいえ、妻の目を盗んで買うため
なるべく安く手に入れたいですね。

バイク購入の流れとしては、
バイクの車種を決まる→バイク購入ショップを決める→必要書類を集める→バイク購入!
です。

まずは、欲しいバイクを決めましょう。
金額から決めると、最初から妥協したという気持ちが残るので、

欲しいバイクを決める→金額を確認する→無理なら似ているバイクを探す

この流れで行こうと思います。

欲しいバイクを決めよう

まずは、バイクの目的を決めよう。

当然、ツーリングと街乗り、通学(出勤)など用途によって、やはり最適なバイクは変わります。大学生のときは、レプリカ※で街乗りも出来たが、街乗りで楽をするならビクスク(ビックスクーター)ですね。

※レプリカ
【別称】レーサーレプリカ
ロードスポーツバイク。バイクメーカーのレースチーム(ワークスチーム)で、つちかわれた性能や技術、スタイリングを市販モデルにフィードバックして作られた高性能なバイクがレーサーレプリカと呼ばれるモデルです。見た目の雰囲気からしてレーシー。当然、パワー・操作性ともに突出した性能を持つ、ハイレベルなオートバイである。

今回は、400km以上のツーリングが年4回以上、200km程度のツーリングが2,3ヶ月に1回がメイン。週1回の街乗りが目的です。

これにあったバイクを探しましょう。

目的別最適なバイク

・街乗りがメインなら、スクーター、ビックスクーターや250cc以下のバイクが候補に選ばれますね。やっぱりスクーター系は楽です。

本当に近場しか乗らない場合、大型は出し入れが面倒ですよね。
原付きで充分。もしくはビクスク。これで決まりです。

市外にも出たりする場合だと、さすがに原付よりもビックスクーターのほうが良いです。125CCのオフロードやアメリカンなども選べます。

・ツーリングの場合、よほどの近距離でない限り、レプリカや250cc以上のバイクです。ビックスクーターでもいけますが、やはり高速道路は怖い。120km超えるとちょっと危ない気がします。

今回は、ツーリングと街乗りが7:3なので、ちょっと運転が楽そうなアメリカンの250CC以上に決定!

250ccかそれ以上か

中型免許しか持っていないため。今回は750ccや1000cc以上のバイクは除きますが、今回候補なのは250ccか400cc。

若い時なら車検なしの250cc(もしくは以下)がやはりコストが安いので選びます。やっぱり車検などを考えると250ccよりも年間4万円以上余分に掛かります。

しかし、年を取るとなかなか腰が重くなって、整備の時間を取れないです。

そこで車検時に整備もやってもらっちゃおうということで、400CCに決定です。

本当は整備も自分で全部やれると良いんですけどね。

バイクを購入する前に

欲しいバイクは400ccのアメリカンバイクと決まった。

いろいろ調べて、購入車種は「ドラックスター」(YAMAHA)に決定。

それでは、購入しに行こう!

その前に、大事なことがあります。

欲しいバイクの車種もしっかり選んだ。
その際にきっと相場も確認したことだと思います。

しかし、その相場は年式だけしか見ていないのではないでしょうか?
業者さんやオークションの出品者は、騙そうとしているわけではないですが、一番良い状態を見せようとしてきます。

年式も、初年度登録H30年(でも25年式)だったり、11年式が2011年かと思っったら平成11年しきだったなんてことは普通にあります。

俺はそんな勘違いしないよ!って人も、いざ自分のこととなるとミスります。毎年モチをつまらせてなくなるなる人や
プールや海でなくなる人がいます。

しっかり確認しましょう。

次は購入編です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする