ツーリングに必要なもの

ツーリングで必要な道具

ここでは、僕がツーリングのときに使用する道具や、持っていたほうが良いものをお話します。

道具編

バイク

当たり前ですがバイクがないとツーリングできません。
とはいえ、何が何でもバイクを購入というわけではなく年2,3回のツーリングだとレンタルという手段もあります。

レンタルバイク屋さんの探し方も簡単
google(yahoo)の検索窓に「レンタルバイク 地域名」と入れます。
例:「レンタルバイク 名古屋」

費用は大体、ツーリングによりますが、15000円程度。前日から借りると22000円くらいですね。
※ヘルメットや手袋など付属品によって変動します。

延長代30~60分1500円と考えると、1回20,000円くらいですね。
あとは、レンタルバイク屋さんに行くまでの時間と料金(ガソリン代と場合によっては高速代や電車代)
さっき言ったように、年に2,3回なら400CCのバイクの年間維持費60000円円程度なので
レンタルのほうが良いですが、2,3ヶ月に1回行くのならばバイクを購入したほうがお得です。※

※購入したほうがお得→金銭的にというのも多少ありますが、一番はそれほどツーリングいくとなると
バイクをちょっとずついじりたくなるので、自分のバイクを持っていたほうが「楽しい」という意味です。

友達から借りるというのもありますが、あまりおすすめできません。
ちょっと傷つけただけで、気を使います。
ツーリング用のバイクはレンタルか購入にしましょう。

ヘルメット

排気量によって、使えないヘルメットがあります。

例えば、

このヘルメットは安いですが、125CC以下のバイクにしか対応していません。
※JIS A種B種C種は平成12年に無くなりました。今はJIS規格で125以上 以下で分けています
※これは、安全保障の企画であって、125CC以下のバイクのヘルメットで1000ccのバイクを乗っていても
道路交通法的には違反とはなりません。ただし、任意保険の適用外になることもありますし、命がかかっているので
なるべく良いヘルメットをかぶったほうが良いです。

リュック

ラゲッジボックスやラゲッジバッグがバイクについていればいらないときもあるは、
あるといろいろ便利。僕は財布もここに入れています。

バイク用グローブ

まさか軍手や素手でバイクに乗っている人はいないとは思いますが、適当な手袋でバイクに乗っている人以外にいますね。
僕はアマゾンで買った。・・・2双も。

ちゃんとしたブランドなのに、2000円切るのは安いです。

ちなみにバイク用のグローブは指の付け根のあたりに保護するための「なにか」が入っています。
しかも普通の手袋と違って、指を真っ直ぐに出来ません!←ここ大事

曲がっている状態が基本です。
無理に伸ばそうとすると、指の付け根を痛めます。
・・・痛かったです。

テッシュ

いろいろあると便利。
・・・本当に便利です。

革ジャン

やっぱりアメリカンバイクには、革ジャンです。
僕はなんちゃって革ジャンですが・・・。

肘膝ガード(プロテクター)

街乗りだと必要ありませんが、ツーリングだと持っていたほうが良いです。この程度でも十分事故に対する備えになります。

工具

モンキーレンチくらいは持ってい来ましょう。

雨具

カッパ(ポンチョやレインコート)も持っていきましょう。

ETC

できればあったほうが良い。高速道路で手袋取って・・・カード出して・・・とかめんどくさい。
ただ高い!まだ3万円くらいする。

購入したが、思ったより使わなかったもの

ドリンクホルダー

高速道路で走るのに、片手は怖い。ちょっとしたときに飲むなら日本の場合、ジュースの自動販売機がそこらにあるのであんまり気にしなくても良かった。

バイク用シガーソケット(USB付き)

携帯(スマホ)の充電くらいなら、急速充電器を持っていったほうが楽。5年間で使った回数、片手くらい。しかも助かった記憶は無い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする